ターンのペアボード基本戦略(フロップもペアボード)

リミットホールデム戦略
スポンサーリンク

今回は、ターンのペアボード基本戦略(フロップもペアボード)について解説していきたいと思います。

フロップの段階でボードがペアだったのかどうかによって戦略が多少異なるため、ノーペアだった場合については、次回解説するものとします。

ちなみに、テキサスホールデム・リミットルールでの解説ですので、他ルールでは、全てを活用できないことをご了承ください。

 

取り扱うボード

 

ボード A (扱う)

  

今回の記事で扱うのは、ボード A のようなフロップですでにペアボードかつターンでもそれを維持した形です。

ただし、同スーツ(マーク)は2枚までストレートの連携も2枚までとします。

 

ボード B (扱わない)

同じようでも、ボード B のようなフロップでノーペアだった形は、戦略が多少異なってきますので、ここでは取り扱いません。

この形については、こちらの記事を参照してください。

ターンのペアボード基本戦略(フロップはノーペアボード)
今回は、ターンのペアボード基本戦略(フロップはノーペアボード)について解説していきたいと思います。 前回述べました通り、フロップの段階でボードがペアだったのかノーペアだったのかによって戦略が多少異なるため、記事を分けています。 ...

 

基本的な考え方

 

ボード

 

手札

フルハウス以上のハンドは、しっかり4ベットまで打ち合います。

フロップでベットしてきた相手は、スリーカードまでである可能性が高いからです。

 

ボード

手札

今のところフラッシュやストレートの心配が無いので、キッカーが高いスリーカードも相当強いです。

ただし、4ベットまで打ち合ってフルハウスに振り込むのだけは気を付けましょう。

詳しくはハンド別戦略に書きますが、主導権を持っていてもフロップより大きなベット数を打たないのがコツです。

フロップ以上のベット数を打ってくる相手は、ターンでフルハウスを完成させた可能性が高いからです。

 

ボード

 

手札

 

オーバーツーペアやキッカーの強いトップツーペアは、フロップでベット無しか1ベット主導権有りなら、1ベット打てることが多いです。

ただし、2ベットは思わぬ逆転手を刺激することになるのでやめましょう。

スポンサーリンク

 

ハンド別戦略

 

ハンド別戦略を具体的に解説していきます。

ただし、スリーカードかつフラッシュドロー(リーチ)などの複合ハンドについては、全てを解説するとキリがありませんので、それぞれの戦略よりも少し強くなっている感じで捉えてください。

 

フォーカード

ベット基準

何回でもレイズして構いません。

4ベット(キャップ、最高ベット)まで突き進みましょう!

コール&フォールド基準

絶対に降りません

 

フルハウス

ベット基準

何回でもレイズして構いません。

4ベット(キャップ、最高ベット)まで突き進みましょう!

コール&フォールド基準

絶対に降りません

 

スリーカード(キッカー A~Q)

相当強いハンドですが、フルハウス以上に大量ベットを打ち込まないようにするため、少々変則的なベット基準になります。

ベット基準

フロップでベット無しなら2ベットまでレイズします。

フロップで1ベット主導権有りなら1ベットします。

フロップで2ベット主導権有りなら2ベットまでレイズします。

フロップで3ベット主導権有りなら3ベットまでレイズします。

フロップで4ベット主導権有りなら4ベットまでレイズします。

フロップで相手1ベット主導権無しなら2ベットまでレイズします。

フロップで相手2ベット主導権無しなら1ベットします。

フロップで相手3ベット主導権無しなら2ベットまでレイズします。

残り3人以下かつフロップで相手4ベット主導権無しならば、3ベッター以上のチェックを待ってから1ベットします。

コール&フォールド基準

絶対に降りません

 

スリーカード(キッカー J~T(10))

ベット基準

フロップでベット無しなら2ベットまでレイズします。

フロップで1ベット主導権有りなら1ベットします。

フロップで2ベット主導権有りなら2ベットまでレイズします。

フロップで3ベット主導権有りなら3ベットまでレイズします。

フロップで4ベット主導権有りなら4ベットまでレイズします。

フロップで相手1ベット主導権無しなら2ベットまでレイズします。

フロップで相手2ベット主導権無しならば、2ベッターのチェックを待ってから1ベットします。

コール&フォールド基準

絶対に降りません

 

スリーカード(キッカー 9以下またはノーキッカー)

ベット基準

フロップでベット無しなら2ベットまでレイズします。

フロップで2ベット以下主導権有りなら1ベットします。

フロップで3ベット主導権有りならば、2ベッターのチェックを待ってから1ベットします。

フロップで相手1ベット主導権無しならば、主導権者のチェックを待ってから1ベットします。

コール&フォールド基準

絶対に降りません

スポンサーリンク

 

オーバーツーペア

ボード

  

手札

ボードのトップツーペアよりも高いポケットペアのツーペアです。

ボードトップキッカーよりかは常に高くないといけませんが、ボードペアよりかは低くても成立する場合があります。

下の基準で残り2人の場合、フロップで相手から4ベットがあったとしても、ポットの大きさ的に残るべきなのでしょうが、そもそも自分も3ベット打っていたのが悪手といえます。

ベット基準

フロップでベット無しか1ベット主導権有りなら1ベットします。

フロップで相手1ベット主導権無しならば、主導権者チェック済みかつ未チェック1人以下なら1ベットします。

残り2人かつフロップで2ベット主導権有りならば、相手のチェックを待ってから1ベットします。

コール&フォールド基準

自分がベットした場合は、追加する金額が1ベット分までならコールします。

残り4人以上ならフロップで相手からの3ベット以上が無い場合、1ベットまでコールします。

残り3人以下ならフロップで相手からの4ベットが無い場合、1ベットまでコールします。

 

トップツーペア(キッカー A~T(10) または ボードキッカー K~Q)

ベット基準

残り4人以上かつフロップで1ベット主導権有りかつ相手の未チェック1人以下なら1ベットします。

残り3人以下かつフロップで1ベット主導権有りなら1ベットします。

フロップでベット無しなら1ベットします。

コール&フォールド基準

自分がベットした場合は、追加する金額が1ベット分までならコールします。

残り3人以上ならフロップで相手からの3ベット以上が無い場合、1ベットまでコールします。

残り2人ならフロップで相手からの4ベットが無い場合、1ベットまでコールします。

 

トップツーペア(キッカー 9以下)

ベット基準

残り2人かつフロップで1ベット主導権有りなら1ベットします。

フロップでベット無しなら1ベットします。

コール&フォールド基準

自分がベットした場合は、追加する金額が1ベット分までならコールします。

残り3人以上ならフロップで相手からの3ベット以上が無い場合、1ベットまでコールします。

残り2人ならフロップで相手からの4ベットが無い場合、1ベットまでコールします。

 

セカンドツーペア

ベット基準

残り2人かつフロップでベット無しなら1ベットします。

コール&フォールド基準

自分がベットした場合は、追加する金額が1ベット分までならコールします。

残り4人以上ならフロップでベット無しの場合、1ベットまでコールします。

残り3人ならフロップで相手からの2ベット以上が無い場合、1ベットまでコールします。

残り2人ならフロップで相手からの3ベット以上が無い場合、1ベットまでコールします。

 

サードツーペア

ベット基準

ベットしません。

コール&フォールド基準

残り3人以上ならフロップでベット無しの場合、1ベットまでコールします。

残り2人ならフロップで相手からの3ベット以上が無い場合、1ベットまでコールします。

 

フラッシュドロー

ベット基準

残り2人かつフロップでベット無しか1ベット主導権有りなら1ベットします。

コール&フォールド基準

自分がベットした場合は、追加する金額が1ベット分までならコールします。

残り3人以上ならフロップで相手からの3ベット以上が無い場合、1ベットまでコールします。

残り2人ならフロップで相手からの4ベットが無い場合、1ベットまでコールします。

スポンサーリンク

 

ダブルバレル

ボード

 

ターンのカードがフロップのどのカードよりも高く Q 以上であれば、これより下に記載されているハンドでダブルバレルを打ちます。

ベット基準

残り2人かつフロップで1ベット主導権有りなら1ベットします。

コール&フォールド基準

ベットしたあとレイズされたら基本的には降りますが、良形のストレートドロー(リーチ)は、追加する金額が1ベット分までならコールします。

それ以外はハンドの基準に従います。

 

オープンエンドストレートドローまたはダブルガットショット

ベット基準

ベットしません。

コール&フォールド基準

残り3人以上ならフロップで相手からの3ベット以上が無い場合、1ベットまでコールします。

残り2人ならフロップで相手からの4ベットが無い場合、1ベットまでコールします。

 

オーバーカード(AK~AJ)

ボード

手札

ボードキッカーよりも手札が2枚ともオーバーカードになっている AK~AJ です。

ボードペアより上か下かは問いません。

ターン以降に役無しのブラフを打ってこない相手には、以下の基準に従わず降りた方がよいです。

ベット基準

ベットしません。

コール&フォールド基準

残り4人以上ならフロップでベット無しの場合、1ベットまでコールします。

残り3人ならフロップでベット無しか1ベット主導権有りの場合、1ベットまでコールします。

残り2人ならフロップで相手からの3ベット以上が無い場合、1ベットまでコールします。

 

Ax

手札 A 持ちの役無しです。

ターン以降に役無しのブラフを打ってこない相手には、以下の基準に従わず降りた方がよいです。

ベット基準

ベットしません。

コール&フォールド基準

残り3人以上ならフロップでベット無しの場合、1ベットまでコールします。

残り2人ならフロップで相手からの3ベット以上が無い場合、1ベットまでコールします。

 

これらより価値の低いハンド

ベット基準

ベットしません。

コール&フォールド基準

ベットされた時点で降ります。

 

まとめ

 

ドライなペアボードでは、ペア系ハンド間の勝ち負けに意識を集中していれば、大きな被害は出にくいです。

  1. フルハウス以上は4ベットまで打ち合う
  2. キッカー強のスリーカードも相当強いがフルハウスに注意
  3. オーバーツーペアとトップツーペアは1ベットまで

以上3点を覚えていれば、相手の上位ハンドに大量ベットを打ち込む確率が下がるでしょう。

コメント